【4月20日発売】ユニクロ×JWアンダーソンの2018春夏はジェンダーフリーなデザイン

【ファッションビル系カードで5〜10%オフ】ユニクロとGUの通常品のお得な買い方

ユニクロ、GU、無印良品は、週替わりの限定価格の他にも、通常品をお得に買う方法があります。

それはファッションビル系のクレジットカードで購入する方法です。

有名どころでは3つのカードがありますので、ランキング形式で紹介します。

 

1位 ルミネカード

ルミネカード

1位はルミネカードです。老舗の駅前ファッションビルです。ルミネに入っているユニクロではいつでも5%オフで買えるんですね。

まず、ルミネカードに入会する必要があります。初年度は会費無料ですが、2年目からは935円の会費がかかります。1年に2万円以上買い物する方は、間違いなくお得なカードになります。

5%オフ以外にも、年に複数回の10%オフがあります。

また、このルミネカードは、ルミネに入っている無印良品でも使えますので、無印の割引時を狙って買ったりしますと、無印良品が20%近い割引で買えるという裏技があります。この10%オフは、3、5、9、11月の第2木曜に開催されることが多いようです。

ルミネカードはビューカードのひとつなので、定期券がわりにも使えます。その他にもお得な内容が盛りだくさんです。

ルミネカード

ルミネカードの申し込み

4月30日までならば2000円相当のバックがあります。

ユニクロが入っているルミネは、ルミネ立川、ルミネ荻窪、ルミネ大宮、ルミネ北千住、大船ルミネウィングです。

 

2位 エポスカード

エポスカード

2位はエポスカードになります。マルイのカードですね。

有名な「マルコとマルオの7日間」に10%オフで買うことができます。

次回の「マルコとマルオの7日間」は5月末になるのではないかとはやくもささやかれています。

このエポスカードは、なんと2年目以降も年会費無料です。
この「マルコとマルオの7日間」には、明らかにマルイに入っているユニクロで買うのがお得です。

このエポスカードでも、「無印良品週間」と重なった時はダブル割引となる裏技が使えます。

エポスカード

エポスカードの申し込み

ユニクロが入っているマルイ系は、北千住マルイ、草加マルイ、柏モディ、マルイファミリー溝口なんばマルイ、KITTE博多です。首都圏以外の大阪や博多でも使えます。

 

3位 パルコカード

パルコカード

3位はパルコカードです。

入会金は無料です。初年度は5%オフで購入できます。不定期のパーティーセールでは10%オフです。2年目以降は、10万円以上の購入で会費と5%オフになります。2年目の10万円という条件がパルコのヘビーユーザー以外にも少しハードルが高いですね。

その他には、購入時につくポイントに期限がない「永久不滅ポイント」というのがあります。期限切れで気づかないうちにポイントが失効してしまうケースは多いのでこれは重要ですね。

ユニクロが入っているパルコは、調布、新所沢になります。ちなみに、GUが入っているパルコは、熊本、松本、新所沢、津田沼になります。

無印良品が入っているパルコは、調布、ひばりが丘、広島、松本、名古屋、札幌、新所沢、津田沼、浦和、静岡になります。

調布にはユニクロと無印良品、新所沢にはなんとユニクロとGUと無印良品、津田沼にはGUと無印良品が入っていますので、このあたりのパルコを利用される方は、利用合計額で10万円を超える可能性も高くパルコカードのお得感が出てきます。

パルコカード

パルコカードの申し込み

 

お近くに、ルミネやマルイやパルコがない場合には、ポイントをゲットする作戦があります。

ポイントは様々なカード会社が用意していますが、最近ではdカードゴールドがお得感があります。

 

ユニクロでクレジットカード払いをする場合の注意点

ユニクロのクレジットカード払いは一括払いとなります。分割にされる方は、カード会社のリボ払いを利用することになります。

リボ払いには金額に応じて利息がつきますので、割引で買って購入金額をできるだけ下げておくことが重要になります。

ユニクロ とGUのお得な買い方関連記事

ユニクロとGUのネット購入【店頭受け取り送料無料に】